両ワキ永久脱毛20,000円!!って本当

かれこれ十数年も前の事…

こうやって具体的に何年前だか数えてみた事はなかったけれど、いざ思い起こしてみたら、十数年、いや、15年くらい前だという事に、まず恐怖を感じた。

その当時、まだ永久脱毛は今程浸透はしていなかったけれど、一時のブームが落ち着き、サロンでは安値をたたいて客寄せをしていた頃だと記憶しています。

両ワキ永久脱毛10回で20000円!!というファッション雑誌だか、クーポン雑誌で見事に釣られ、大阪の南船場のどこだかのビルの2階まで行きました。

大手のサロンではないので、予約はしたものの、実際ビルの中に入っていくのは多少不安ではあったが、その当時は若かったので、安さイコールお得でしか考えられず、思い切っていけました。

もう少し年を取っていたら、きっと安さは怪しい、疑わしいに繋がった事でしょう。

そして、そのサロン内、もう従業員はギャルばっかで、ゆるい感じで話しかけられ、別に会話をする必要もないので、レーザー脱毛の施術をさっさと終わらせる。

1回目のレーザーからは時間を空けないといけないので、次回の予約を1ヶ月半後くらいに入れて、一応出してもらった紅茶も頂いて帰った。

彼女達のゆるい感じはさておき、なるべく1ヶ月半か2ヶ月くらいのスパンでコツコツ通い、10回分は終了した。

特に担当者がいた訳でもなく、行けばギャルの誰かがちゃんとレーザーも当ててくれるし、何と言っても、その当時外回りの仕事をしていたので、仕事中に抜け出していけたというのがラッキーだった。

そして、脱毛の結果としては、今でもまだちらほら生えてはくるが、あのレーザーはかなり私のむだ毛処理に一役も二役もかってくれているのです。

永久脱毛とうたっていても永久ではないというのは納得していたので、あの値段で、あの当時で、あのゆるい感じだったなら、とても良い体験、価値のある2万円だったと思っています。

この記事を書くにあたって、サロン名こそは思い出せませんでしたが、検索してみたところ見当たらなかったので、きっとお潰れになっているんだろうなと思います。

でも、あのギャル達のレーザーおかげで、私のワキの毛量はかなり少なくなりました。